イメージ画像

カナダで働くには

カナダは海外で滞在する日本人の多くが暮らしている国です。その数は5万人を超え、毎年微増しています。

日本からの観光客は毎年50万人を超えるほどで観光客向けの仕事が多くあります。カナダに進出している日系企業に日本で就職活動をしてカナダに赴任してもOKですし、せっかくの英語を活かしたカナダでの仕事をしたい、ということであれば現地採用に活路を見出すという道もあります。

カナダの産業として豊富な資源があります。また近年は金融、IT産業、自動車産業が栄えています。

まず日本企業で働くケースで見ていくと、資源エネルギー(天然ガス、LNG、LPG)に関わる事業での求人が目立ちます。貿易、商社系の求人は常に可能性があります。求人を探すには日系の人材紹介会社を利用するのがベターです。(おすすめはTOPページ参照)ビジネスが支障なく遂行できる英語力は必須ですね。

現地での採用ケースを見ていくと、観光客向けの求人が豊富。旅行業界、土産ショップ、飲食店も見られますね。また日本語教師の道もあります。但しコチラは本当に現地に溶け込んでカナダで自己責任で生活することをベースに考えている人向けの求人です。給料もさほど得られるものではありませんが、大きな夢、目標を持って目指している方、永住を目指している方が多い様子です。求人を探すには現地の求人誌を活用するのが良いでしょう。

カナダで働くには就労ビザの取得が必要です

いわゆるビザには3種類あり、就労ビザ、ワーキングホリデービザ、留学生用のビザ、とあります。ワーキングホリデービザは就労をしながらの旅行が認められている制度。(入国から1年)留学生用のビザは大学生が一定期間働けるもの。それ以外の場合は就労ビザ(ワークパーミット)を申請・取得します。ビザの取得については企業と協力して進めて行く事になります。スポンサーとなってくれる会社を探すのはかなり大変だと思います。カナダの就労ビザの扱いは近年劇的に変化してきていますから最新情報はCitizenship and Immigration Canadaを確認しましょう。

 

カナダで働く選択肢の1つ、日系企業

英語圏であるカナダでの現地採用では、どうしても日常会話レベル以上の英語力が求められます。ただし、日本人が出店している店舗などでは採用後に必要なビジネス用語を教えてくれるところもあります。飲食店勤務以外は、大学卒業程度の学歴が求められています。ただし、地域性のある特殊な業種、例えば観光業などはその限りではありません。

正社員としての入社は、カナダに本社を置く企業などの求人が多い傾向にありますので、経歴や経験が必要とされる求人が多いです。新卒OKなどの求人はほとんど見られません。資格については、特に求められていませんし、日本の資格が採用条件になっている企業はほとんどありません。ただし、日本人就労者も現地就労者も同レベルで扱われますので、スキルによって企業内での扱いが大きく異なります。日本人だからといって優遇される地域ではありません。

日系企業の現地採用条件としては、処遇面では日本の感覚とは少し異なり、それほど手厚くはありません。特に住宅手当や通勤手当は込みの事が多いです。ボーナスは、出来高や個人の能力によって設定され、仕事をこなしているから一定額の賞与が常に得られるというわけではありません。日本より、より実力主義の給与設定となっています。

各職種の平均月給としては、営業職$40,000~$80,000、事務系$35,000~$50,000、カスタマーサービス$30,000~$40,000、技術者$45,000~$80,000、管理職$60,000~$150,000となっています。平均給与もさることながら、所得税が比較的高いという特徴があります。もともと設定されている国の所得税は15%以上、それに各州で設定されている州税は5%~となります。賞与が安定しない点はデメリットとなりますが、給与も含めて個人スキルを評価する会社が多いです。給与の裁量権は、比較的自由に決められており、それがチャンスとなる場合もあります。

カナダの日系企業の求人情報例

カナダで働くには日系企業の情報は必ず収集することになると思うので、1つの参考として記載しています。

営業・マーケティング 年収500万円~700万円 マーケティング、分析、プロモーション、店長との連携
海外営業の経験のある方、ビジネスクラスの英語力歓迎
経理・会計 年収400~500万 会計システムへの入力、財務諸表の支援、銀行調整、在庫管理等
会計または関連分野での学位やキャリアが必要。日本語、英語が出来る人材
貿易事務 時給22カナダドル 貿易取引(購入・返品)、金融決済、問い合わせ対応、資料作成、システムへの投入
2年程度の実務経験、ビジネスレベルの英語力
システムエンジニア 年収800~1200万 インフラの開発、オフショアデータセンター管理 ネットワーク構築経験、ビジネスレベルの英語、日本語力、異文化職場環境での意思疎通力
ラーメンシェフ 月給2500ドル以上 プラスTIP 調理業務がメイン、新メニューの開発や従業員の管理なども
ラーメン調理が1年以上で年齢35歳まで
日本人講師 年収400万円から 日本語講師
日本語教師資格を持っている方で経験必要

カナダでの生活

カナダは移民の国でイギリス系、フランス系、その他の民族が暮らしています。英語を母語とするひとが57%、フランス語が21%、残りがその他となっています。カナダで生活するには十分な英語力が必要になります。世界第2位の国土面積をもつカナダのほとんどは寒冷な気候ですが、バンクーバーは冬でもそれほど寒くない地域です。太平洋沿岸で自然豊かな土地で、その広大な環境に魅せられて移住する日本人も少なくありません。

カナダは、福祉や医療システムなどが充実しており、比較的住みやすい地域と言われています。治安もよく、安心して住むことができる街が多いです。オリンピックも行われたことがあるバンクーバーは、大きな都市であり、日本人の現地滞在者も多いです。トロントもバンクーバーと同格の大都市であり、こちらにも他の地域と比較して比較的日本人が多いのが特徴です。

交通の便については、道路は整備されていますが、公共交通機関が極端に少ないです。土地も広大であり、人口が密集している地域以外は、郊外に住宅エリアが点在しているため、全ての住居地区で交通網が発達しにくいのです。そのため、大都市に住まない限りは、郊外都市からの通勤は基本車となります。利便性のよい街としては、地下鉄が整備されているモントリオールがありますが、マイカー通勤が一般的であることは確かです。大都市周辺では、日本人が比較的多く住んでいますが、一部の地域に日本人が多く固まっているというところはありません。

このページの先頭へ