イメージ画像

ドイツで働く方法とは

日本人がドイツで働ける可能性のある業界、業種

ドイツで働くためには、日系企業に就職して海外赴任するという方法がありますが、これは少しハードルが高い道です。ドイツのような先進国に人を派遣すると、かなりの人件費がかかります。ヨーロッパでの生活ということで人気もありますので、求人倍率も高いです。経費に見合う利益を上げ、なおかつライバルたちを押しのけて採用されるには、特別なキャリアや技術が必要でしょう。

ドイツではワーキングビザを活用してアルバイトで働くという道もあります。パートタイムやアルバイトの求人は常にありますので、まずはそこからスタートすると良いかもしれません。基本的にどこでも英語が通じる国ですから、英語が日常会話レベルであれば、日系レストランやオフィスの手伝いという形で採用されることもあります。観光地のハイシーズンに、期間限定で働くこともできるでしょう。

金融系や自動車業、製造業のドイツ支社、日本食のレストランなどで日本人が働いています。海外赴任を目指す上で特に日本人が有利な業界や業種はありませんが、ドイツ語が堪能であれば就職の幅が広がります。また、日系企業が多く進出しているミュンヘンやフランクフルトで探すと採用の可能性が高まるでしょう。

求人で要件となりうる語学力、スキル

ほとんどすべての人が英語を話すことができます。もちろん彼らの母国語であるドイツ語を話せると喜ばれますしかなり有利ですが、ワーキングビザで就労するためには日常会話程度の英語を話せれば十分でしょう。ミュンヘンなどの都市部では、ほぼ問題ありません。

しかしドイツ語の語学力が高ければ、日系企業の通訳を始め活躍の場が広がります。職人相手の取引をしている企業では、堪能なドイツ語を話せる人は常に求められています。営業職も語学が出来るほうが印象がよく有利です。

ドイツでは日本語の人気が高まっており、第2言語や第3言語として日本語を学ぶ人もいます。日本語教師の需要もありますので、英語かドイツ語を使って日本語を教えられる人は、考えてみると良いでしょう。

想定できる給料や待遇、上から下まで

ドイツの求人情報には、アルバイト~エグゼクティブまで様々な業種や待遇のものがあります。先進国に住むと生活費が高くなりますし、税金もかかりますので注意が必要ですが、年収60,000~100,000ユーロくらいを提示されることが多いようです。生活レベルによりますが、大体月に5000ユーロくらいあると普通に生活できると思って良いでしょう。アルバイトの場合はそこまでの収入にならず、少し大変かもしれません。

ドイツ企業で働くことになれば、多くの日本企業よりも有給が取りやすく、福利厚生はしっかりしている印象を受けます。住宅手当など各種手当はなくとも、有給消化がきちんとされるよう見届けてくれたり、保険関係の手続きはしっかりしてもらえることが多いです。税金が高い分、国からのサポートも多いので、子育てしながら働く人にとっては安心な要素です。住宅を見つけることなど、生活面でのサポートを会社がしてくれることは、ほとんど期待できません。

日系企業からの赴任という形でドイツに住む場合、責任あるポストにあれば1000~1500万円という高額な給料をもらえる求人が多くあります。自動車や金融関連で専門的なスキルがある人は有利です。

ドイツ系の会社の日本支社にまず就職し、そこからドイツに転勤するという人もいますが、その場合はビザのサポートなどもしてもらえるでしょう。住宅探しなどのサポートもしてもらえるかもしれませんが、基本的に生活そのものの問題は自分で解決していくことが必要です。

ドイツで働ける求人の例

実際にドイツで働く人を求めている企業は、どんな条件を付けているのでしょうか。たとえば機械工業のあるメーカーでは、年収65,000~75,00ユーロで営業職を募集しています。法人営業の経験者で、ドイツ語が日常会話レベル以上にできる人ということです。扱う製品そのものの知識は後から学ぶとしても、ドイツ語を生かして営業できるスキルが求められています。就労ビザを取得するためのサポートも行なってもらえますので、有能な営業マンは挑戦してみるのはいかがでしょうか。

エンジニア職の募集もあります。年収は40,000~55,000ユーロ、自社製品であるハードウェアのアフターサービスやメンテナンスができる人を探しているということで、回路設計の経験者を求めています。語学力については英語がビジネスレベルということ。直接お客さんと接するわけではないとは言え、社内では英語でコミュニケーションを図るというケースです。自動車運転免許も必要という条件でした。

ある企業の調理師の求人では、5年以上の経験ある人でレストラン全体を任せられる人を雇いたいということでした。季節ごとにメニューを考え、新しい料理を創作していく能力も求められています。年収は50,000ユーロからで応相談と表示されています。

ドイツで働くにあたり、国について知る

ドイツは日本とほぼ同じ広さの国土を持ち、現在ヨーロッパの中でも経済の中心となっています。伝統を重んじる国柄で、国民全体が政治に関心を持ち積極的に関わっています。第二次大戦後は巨額の賠償金を払いつつも、現在のGDPはヨーロッパでは第一位、世界第4位にまで発展していることを考えても、ドイツ企業の優秀さが分かるのではないでしょうか。主な産業は自動車、機械工業、環境技術、電気電子産業などがあります。

ドイツには約1500万人の移民がいると言われています。移住後かなり時間が経って定着している人たちを含めれば、外国人の背景を持つ人がもっといるでしょう。移民政策は賛否両論ありますが、多様な民族が共存している国であり、日本人も多く働いています。外国人が働きやすい環境が整っているとも言えます。

国土が広いので北部と南部では異なった文化や食生活があります。しかし全体として倹約を美徳とする傾向があり、家庭料理は比較的質素なものです。ただ肉料理が多く、ソーセージやハムなどが食卓に並ぶことが多く、意識して野菜を摂る必要があるでしょう。ドイツの伝統料理と共に、都市部では世界各国のレストランが集まっています。

日本人の生活環境について

ドイツでは、生活費は日本と同じくらいだと考えていいでしょう。年々物価は上がっていますが、日本と同じくらいのペースで上昇しています。家賃は独身用のアパートでも5~6万円くらいはかかり、家族用の住宅だともっと高くなります。地方では安くなりますが、フランクフルトやミュンヘンなどの都市部ではさらに高いと思ってください。

食料品は幾らか安めですが、外食は高めです。上手に自炊できる人ならかなり食費を抑えることができますが、独身男性が毎日外食していると、かなり費用がかかることになります。いわゆるファミレスや安い食堂はあまりなく、一食1000円以下で食べられるところは珍しいのです。スーパーの食料品は、日本より割安な印象があります。ただ日本食はほとんどなく、和食の材料や調味料を買おうと思うと、外国人向けのスーパーに行かなければなりません。

水道の水は一応飲めますし、電気やガスなども完備されていて、インフラは先進国らしく生活環境は問題ありません。ただ発展途上国と違って、それら基本的なサービスにも高いお金を払うことになります。水道や電気の値段が高く、ヨーロッパの中でも一二を争うほどです。水や電気は節約しながら使う習慣を身につけましょう。

ということで以上です。海外で働く手段としてのドイツを選択する方は他国とくらべても多い方です。海外在留邦人でも上位10位には入ってくる国ですので。

TOPへ戻る

このページの先頭へ