イメージ画像

どんなキャリアを目指すか、今の自分のスキルから見て選択しよう

海外で働く際に4つの雇われパターンがあるという事はこちらの記事でお伝えしています。改めて書くとつぎの4つです。

  • 日本企業に雇われて、駐在員として海外にいく
  • 日系企業の海外法人に就職する
  • 海外で日本人が立ちあげた会社で働く
  • 海外の会社で働く

ここでは、スキルや語学力の面でみて、どんなキャリアを目指すか見て行きたいと思います。主に3パターンあります。詳しくご確認ください。

日本人としての特性を活かした仕事

日系企業や日本企業の駐在員など同僚が日本人しかいない場合とか、取引先が日系企業であるとか、日本企業を相手に商売を円滑に進めたいと思っている外資企業などで求人があります。日本人の商習慣を理解し日本語ネイティブであること、英語力も多少求められる仕事ですね。月収は現地人より高く20~50万円と職種とポジションによりけり。駐在員はもっと貰える場合も。

完全日本語OKの仕事

完全日本語で仕事をするので、日本人相手のみの仕事や、日本人でなければ難しいコールセンターなどの仕事が該当。今企業のコールセンター部門も海外に移したりして現地採用で日本人を雇ったりしています。中国やアジア諸国でこういった仕事があり、月収は10万円~15万円ですけど物価が安いのでわりと充実した生活ができます。現地人で日本語を勉強して堪能なひとを採用するケースも増えてきています。

専門性の高い仕事、日本人という人種だからといって採用されない仕事

完全グローバル人材向け、日本人だから出来るといった仕事はありません。マネジメント、マーケティング、経理、財務、研究、開発など高いレベルでの技術力やスキルが必要で、世界中どこでも仕事が得られる可能性があります。グローバルなエリートと言って誰もがイメージするような職にでも日本人が就くこともできます。月収100万円~。

やはりここでも、自分はどんなキャリアを目指すのかが重要です。海外でのキャリア形成は1つの業界1つのスキルを高めて年数を積み上げる事がキャリアアップにつながります。いまは日本語しか出来なくても、将来的に年収1000万を目指してグローバルに活躍したいといった事も可能です。

もし日本国内での就職・転職に失敗したとかリストラされた人でも海外でのキャリアリセットが可能なので、そういった可能性にかけて海外で働くというの選択肢の1つかと思います。し、実際そういう経験をしている若手ビジネスマンもいます。

TOPへ戻る

このページの先頭へ