イメージ画像

ハワイで働くには

ハワイには産業が無いと言われているとおり、観光業以外はめだった産業がありません。今も昔もハワイに訪れる観光客の多くは日本人が占め、そういった観光客向けのビジネスで日本人向けの求人が出ている状況です。現地に住む人の7割前後は観光業の商売に就業しています。

求人情報を探せばすぐ見つかる可能性が高いでしょう。日本語が話せること、英語が話せることはハワイで仕事を探す上で大きなメリットになるでしょう。和食のレストラン、オプショナルツアー、インストラクター、ショップ店員、ホテル、お土産ショップなど日本人を必要とする職種が見つけやすいように思います。女性が働ける職場も多めです。

それからアメリカの病院での医師や看護師など医療関係者になりたいと考える日本人も少なくありませんね。

ハワイでの生活

意外に思うかもしれませんが生活することを考えると物価が高くマンション、アパートも家賃が高いです。給料はそこそこ出るのが一般的ですがやはり生活費に負けてしまうぐらいです。

近年の不況の影響と、観光業以外に産業が無いということで失業者も増えています。本土に帰るアメリカ人も多く、現実は厳しい様子。これからどのように観光業を発展させていくかにかかっていると言えるでしょう。

英語を使うことが当然です

ある程度日本語が通じてしまいますが基本は英語です。日本語が通じる人が多いとはいっても英語が話せないなら語学力を高める努力が必要です。語学留学、大学留学をしながらパートを探す学生さんも働ける可能性が高いです。

夢を叶えに行く場所

海外で働くことを目標としている多くの日本人がハワイ(アメリカ)に憧れを持って現地での生活と仕事を夢見ている事でしょう。南国の楽園とはいえハワイはアメリカですから、アメリカ流の厳しさが待ち構えているとみて間違いありません。夢を叶えるために多少の障壁もあると思いますが是非頑張って欲しいと思います。

現地で日本人が経営する企業やSHOPを立ち上げようとする事業家など人脈を活用できれば良いのですが。本気で働きたいなら日本に居る間から関連する人脈を探したり、顔を出したりしてチャンスを広げいざとなればアプローチできるようにしておく事が必要です。もしかしたらこの道が最も近道かもしれませんよ。

TOPへ戻る

このページの先頭へ