イメージ画像

海外での働き方、細かく分けて4パターン

日本人が海外で働くというと細かくわけて次の4パターンに分類されるでしょう。

  1. 日本で雇われて、海外駐在員になる
  2. 日本企業の海外法人で採用される
  3. 現地で日本人が経営している企業に雇われる
  4. 現地の外資系企業に採用される
1番目は日本国内で就職して海外に派遣、赴任するパターンです。これが会社からの手当も出るし、住宅も与えられ安全に海外で働く方法の1つです。会社の海外部門を任せるわけですから語学力、スキル、キャリアのある人、または将来の管理職候補などでの求人が出ています。

2番めと3番目の2つはいわゆる日系企業と呼ばれている企業です。文化や体質が日本人に慣れやすい感覚なので働きやすいといえます。しかしこの場合現地採用となりますから、給料も現地住民ベースになります。住宅手当も出ないので自分で探して自腹で生活のベースを作る必要があります。

4番めの外資系に就職する道はかなりハードルが高い事は言うまでもありません。その国に豊富な人材がいて自国の雇用よりもあえて日本人であるあなたを採用するべき理由がなければ、採用されることはないのですから。日本人である特性を活かせる業種や職種での採用枠を狙えば可能性があるでしょう。英語も話せてスキルがあって、日本人としての特性抜きにしても戦える能力がある人であれば採用の門戸も開いているといえます。

求人の探し方、働き方でわけると2パターン

前章の1~4までを求人の探し方、働き方で分類すると次のようになります。

働き方2パターン


パターンAは日本国内で転職活動を行います。海外に進出している企業に就職する道です。こちらを目指す人に活用して欲しいのがリクルートエージェントです。海外勤務の人材を必要としている求人情報を約1万件保有しているので、転職相談サービスを活用すると良いでしょう。

パターンBは基本的に海外に渡航して現地で求人を探して採用面接を受ける道です。就労ビザの取得も厳しい可能性があります。こちらを目指す人に活用して欲しいのがJAC Recruitmentです。海外で出ている求人情報をも扱っているので日本に居ながらにして求人情報にリーチすることができるのです。

現地採用と、駐在員との差

日本で社会人としての経験がある人材が、”現地採用”で働き始めるということは何を意味しているか、これは給料が現地人並、かそれより少し高いぐらいになる、という事です。現地通貨で給料をもらいますので、勿論、会社・役職によっても異なりますが、日本で会社員として働いた経験がある人からすれば急に年収がダウンしてしまうことは覚悟しなければなりません。

海外で働く、といったときにポジション的な側面から見ると3つのポジションがあります。これが①現地採用、②日本からの駐在員、③本部採用の3つで、この中でも①の現地採用については待遇のいい仕事を探そうと思って海外に出ると痛い目にあいます。

もともと海外駐在員として働いた経験がある人は豊富な手当に高級マンション、運転手付きの車、メイドさんが与えられ裕福な生活を経験した人が多いと思います。そういった人が②駐在員③本部採用以外の、①現地採用で求人情報を探す事はできませんし、好待遇の仕事を見つけることはできないのです。

現地採用者は駐在員との格差を覚悟する

海外の日系企業には100人の従業員中、約2~5人ぐらいの駐在員と、5~10人ぐらいの日本人現地採用者、80人の現地スタッフという構成が珍しくありません。この時、同じ日本人なのに現地採用と駐在員との間には非常に大きな待遇と給料の差が出てしまいますから、そのことは事前に理解した上で海外就職をするべきです。同じ日本人で同じ仕事をしていて自分のほうが現地語も話せて、現地スタッフとも仲がいいのに・・・と思うことも少なくないでしょう。

求人枠は確かに駐在員より現地採用のほうが多いかもしれませんが、待遇を気にするなら最初から駐在員としての条件をクリアしてその枠にエントリーすべき、ということになってしまします。むしろ同じ現地採用枠の現地スタッフと日本人スタッフとの給与格差のほうが悩ましいと思ってる企業も多いのです。

駐在員としてのメリット、現地採用のメリット

駐在員というのは例えば商社の例で見ると、社内で将来の幹部候補として育てていく人材がキャリアアップ、語学力アップ、海外経験、海外の商慣習を学ぶことを兼ねて海外に派遣しているケースもあります。駐在員には役割と将来への期待、投資の意味合いもありコストをかけています。マンションや車も支給している事がほとんど。

一方でローカル採用は低コストで採用されるとはいっても実績を認められ、社内に必要な人材だとなれば駐在員としての登用、本部への異動といった昇進の可能性もありますし、駐在員にはない気楽さがあります。海外で自由に働きたい、居住を決められたくない、転職も自由に行いキャリアアップを考えている、将来的に外資系の統括本部まで狙っている、といった個人主義者にはメリットがあるポジションといえるのです。

待遇面での差はありますが、結局は価値観で選ぶ!

前章のパターンAとパターンBでは待遇・給与の面、ライフスタイルで大きく異なります。安全な住処や赴任手当が支給され、国によっては家政婦や運転手付の生活ができるのがパターンAです。パターンBは現地人と同じ待遇となります。手当や住宅は与えられませんが、完全に現地人として生活するスタイルに溶け込みたい方や、永住権獲得を考えている方はこちらのほうを選択されます。

どちらが良いかは自分自身の価値観次第です!悠々自適な海外生活が送りたい人もいれば、その国が気に入ってしまった、友だちと2人でルームシェアしながら語学を学びながら仕事をしたいという人もいますから。いずれにせよ、海外での経験は今後のあなたの強力な武器となるでしょう。是非積極的に海外に出て夢を実現して欲しいと思います。

TOPへ戻る

このページの先頭へ